秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

福寿草

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

朝からとても良いお天気です。
街からも雪が消えたので、漸く自転車も復活です。
b0238249_20153864.jpg

お参りの人が、「フーちゃん、ブログ見てるよ」って声をかけてくれました。
あら!フーちゃんもちょっと有名になったかしら・・・
b0238249_2033641.jpg

どの角度が美人に映るかなあ・・
b0238249_20185781.jpg


さて、ここは昨日お話した神明社の跡地です。
平成22年に羽立町の方々によって、碑が建立されました。
b0238249_20205951.jpg

この大地には、間もなくキクザキイチゲが咲くはずです。
境内一番早く咲く可憐な山野草です。

大きなバッケを発見!
b0238249_20223063.jpg

ハリー兄さんによると、散歩の道で”春”を沢山発見したそうです。
線路沿いには水仙の芽がこんなに・・・
b0238249_20244942.jpg

福寿草も今にも咲きそう・・・
b0238249_20255298.jpg

堤防の桜の蕾も心なしか膨らんで・・・
b0238249_2024487.jpg

そして、宮司さんには、お友達から素敵な梅の絵手紙が届きました。
水戸の偕楽園の梅だそうです。
b0238249_20274526.jpg

夜になっても穏やかです。
b0238249_20282895.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-03-29 20:28 | 文月の社務日誌 | Comments(2)
Commented by ご近所さん at 2012-03-29 22:44 x
わあ!!バッケ出てるんですね。
平年より一月は遅れているでしょうか。
いつも八峰町では2月に出ていたもんですが・・・
今年は遅い春なんですねぇ~
Commented by かごやのひろし at 2012-03-30 00:16 x
日本中どこでも町名変更は行われたようですが行政の都合とはいえ歴史を消されたような気持ちがします。後町には『後町のおばあさん』が一人住んでいて、なにも用事がないのに幼い時、ぶらりとよくおとずれてました。あとから母から聞いた話ですが、『後町のおばあさん』は不幸な人で夫も子供さんも亡くしてさびしいだろうと、わざと私をあそぶに行かせたようです。今でも能代に行くと必ず前を通って『後町のおばあさん』のことを思い出し、そのあと公園に行きます。後町は大火にやられてなく当時の家々もそのままのこってるところがあります。典型的な昔の能代の住宅は細長く、道路に面した前の部分は塀にかこまれた小さい庭になっており、家の右側に戸があり、中は、ずっと家の後ろまで続く土間になっており途中、井戸や流しがあり、土間の左側のすこし高い位置に部屋がいくつかありました。家の後ろには畑があり、とうもろこしなどを植えており、ごちそうなったことがあります。