秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

お伊勢参りをした犬

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

春めいて来ました。
b0238249_2049452.jpg

何か良いことがありそうな気がする、清々しい朝です。
b0238249_21411263.jpg

フーちゃん、宮司さんから面白いお話を聞いています。
b0238249_21434650.jpg
『お伊勢参りをした秋田犬』のお話です。

『昔むかし、「おかげ参り」と言って、全国からお伊勢さんへお参りすることが大流行りでした。

能代湊町の大きな旅館の隣に一匹の秋田犬が飼われていました。
この旅館からは、お伊勢参りをする人々が盛んに旅立って行きます。

ある日、この犬の姿が突然と見えなくなりました。なんと犬は、一緒に”おかげ参り”の旅に出たのでした。
それから数年の年月が流れます。
お伊勢さんにお参りを済ませた犬は、神札とお守り、それに道中に人々から心遣の3両もの大金を頂いて、無事に戻って来ました。

この不思議な話を聞いた日吉神社の宮司 尊芳は、大変有難いことと感謝し、このお金を基に、日吉神社の境内に”神明社”を建立しました。
犬は神明さまのご縁日には、必ずお参りに訪れたと言うお話です。

神明社は火災で焼失してしまいましたが、現在は跡地に碑が建てられ、羽立町の人々の守護神として、大切に祀られています。

ところで、ほどなくこの世を去った敬神の念深いこの犬は、歴代宮司の傍に葬られたと伝えられています。

このお話は”能代のむかし話”として、語られています。』

ふーん、とても不思議なお話ね。
今度フーちゃんも、その犬さんのお墓をお参りしてみるわね。
あっ!そうそう、神道ではお墓のことを"奥都城”って言うのだったわね・・・
b0238249_2113328.jpg

長いお話を聞いているうちに夕方になりました。
b0238249_21145540.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-03-28 21:11 | 文月の社務日誌 | Comments(2)
Commented by かごやのひろし at 2012-03-29 04:40 x
能代から伊勢神宮に旅するには陸路だったのだろうか海路だったのだろうか、今でも相当な距離だから歩いていくのは大変なことだったとおもいます。そういえば、能代には伊勢という名前の家が結構あり、近くにも伊勢屋というお菓子屋もありました。案外、人の行き来があったのかもしれません。それも能代湊町が栄えていて全国から人が集まってたからでしょうね。

羽立町という町名に、そういえばそういう町があったと思い出しました。マップを検索しましたが、能代市内の町名が大きく変わっており、地図にはのってません。町名変更は郵便局の役に立つだけではないですかね。古い地図は保存しておくものです。中町も思い出しましたが、御指南町、中町、羽立町といずれも上町からみると日吉神社よりにあったと思います。私のあった家から、銭湯が大町、ばくろうまち、中町と同じくらいの距離にあり、きょうはどっちに行こうと考えて風呂に行った記憶があります。
Commented by noshirohiyoshi130 at 2012-03-29 20:48
中町・羽立町は、現在は町名としては存在しません。日吉町と万町になるのだと思います。でも、自治会名としては残っていて、どちらも五丁組としては万町組に属しています。
幸町とか鍛冶町とか後町とか睦町とか・・・自治会名として残っているけれど、住所表示としては存在しない古い町名は結構他にもありますね。