秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

春寒

日吉神社の社守猫"フーちゃん”です。

高知では桜の開花宣言がありました。
能代は今日も北風が冷たく寒い日です。
フーちゃん、外へ出てみたけれど・・・
b0238249_1334934.jpg

とっても寒いので・・もう帰ります。
今日は鳥さん達の囀りも聞こえないわ。
b0238249_1335585.jpg

おばあちゃんおベッドでおやすみです。
また、春の夢がみたいなあ・・
b0238249_13414164.jpg

あっ!福寿草が咲いている・・・
b0238249_13484819.jpg

去年の今頃はもう咲いていたのね・・・
今年はまだ雪の下かなあ・・・
by noshirohiyoshi130 | 2012-03-21 18:35 | 文月の社務日誌 | Comments(2)
Commented by かごやのひろし at 2012-03-22 07:36 x
多感な中学三年の時まで能代で過ごした私にとっては、能代といえば懐かしい思い出のいっぱいある土地ですが、かって私が、叔父の葬儀のために北海道釧路を訪ねたとき意外な経験をしました。釧路には能代出身の人がけっこういたのですが、葬儀の時、出席してくれた能代出身の女の人に、能代のことが懐かしいでしょうが、帰ってますかと聞きましたら、能代では苦労ばかりしてよい記憶がないので北海道に来てから帰ったことはないということでした。釧路の地でおなじ能代出身の人たちのお世話になったか、北海道の人たちにあたたかくむかえられたのか、わかりませんが、今は幸せそうで、私は自分の思い込みが一方的であったことが恥ずかしくなりましたが、いろんな人がいるのだなあと考えさせられました。
Commented by noshirohiyoshi130 at 2012-03-22 12:52
人は其々ですね。でも、やはりほとんどの人にとって故郷は懐かしいものではないでしょうか。
先程NHKで、地域の伝統芸能を見ました(東日本大震災の被災地からの出演もありました)。地域に根付き、人々に愛され誇りとする文化がある地域は、復興へ向けて大きな力となることでしょう。かつては神社は地域の要として、人々の絆を結ぶという役割を担っていました。
祭や伝統芸能の意義、そして神社のあるべき姿を改めて考えさせられます。