秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

イギリスの猫

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

良いお天気です。暖かくなって来ました。
のびのび・・・・
b0238249_12485942.jpg

気持ちが良いので、お外で顔を洗います。
b0238249_12494495.jpg

土の香りがとても懐かしい・・
b0238249_12501733.jpg
水仙の芽が出て来ています。
b0238249_12504845.jpg

あっ!これはイギリスに住んでいる宮司さんのお友達が送ってくれたカレンダー
March 3月です。早春のウェールズ地方。
(Brecon Beacons National Park,Powys, Weals)
b0238249_1251593.jpg

イギリスではもう菜の花が咲いているのかなあ・・・
宮司さんのお話では、イギリスの猫はみんなとてもフレンドリーで、呼ばれれば必ずご返事をして、挨拶しに寄って来るのだそうです。
イギリスは動物愛護の国だから、苛められることがなくて、猫も安心しているのだろうって・・・
b0238249_12513063.jpg

フーちゃんは、ちょっと警戒心が強いので・・・ごめんなさい。
春になって境内でお会いする機会も増えると思うけれど・・・
ご返事はしないかもしれないわ・・・悪気はないのよ。
許してね・・・
こう見えても、シャイなのよ。
by noshirohiyoshi130 | 2012-03-18 12:52 | 文月の社務日誌 | Comments(2)
Commented by かごやのひろし at 2012-03-19 13:33 x
私は外国に行ったことがないので、むこうの猫のことはわかりませんが, 外国人がつれていた犬を見たときフレンドリーだと思いました。私が子供のとき、犬は放し解され今と比べるとひどい扱いを受けていました。外国の犬が人を見てほえないことが不思議に思ったくらいでしたがあれは人間の態度しだいなのだということがあとでわかりました。

猫は好きで飼いたいのですが、団地に住んでると禁じられておりますし、私より長生きするのは確実そうで、そのことを考えると飼えません。団地は猫に厳しくて野良猫にえさをやるなとか、うるさいです。でもおなかをすかしてよってくる猫にえさをあたえるなとはずいぶんひどいことだといつも思ってます。猫にしろ犬にしろよく観察してるとおなじ哺乳類の人間とよくにてると思います。仲間なのです。あと猫が飼いやすいのはペットとして大きさがちょうどよいということを言う人もあります。
Commented by noshirohiyoshi130 at 2012-03-19 18:59
フーちゃんは境内に捨てられていました。3匹一緒でした。幸い3匹とも近所に引き取られました。1匹はトラ猫でしたが、もう1匹はフーちゃんと同じ柄でもっと美人です。でも性格は正反対です。フーちゃんは自由奔放に育ち、「自分は猫族である」という誇りがあります。他方、もう一匹は家の中だけで生活し、奥様が抱っこして境内を散歩。まるで人間のような猫です。
生まれ持った性格なのか?育った環境なのか?
こんなテーマで研究したら面白いだろうな・・なんて思います。
イギリスの猫は、本当にフレンドリーです。100%と言っても過言ではないほど、返事をしそしてすり寄って来てゴロゴロいいますよ。